« 東海リーグVS芙蓉クラブ | トップページ | 全社予選VS刈谷 »

ブラジルVSオランダ

前半だけを見ると、
圧倒的にブラジル有利!
といった展開でした。

これまでのオランダの試合を見ても、
これほど自分たちの
思い通りにさせてもらえない試合は無かったのではないでしょうか。


オランダの特徴は、
攻撃力ばかり注目されますが、
最大の武器は、
切り替えの速さです。

とくに、
相手にボールを奪われた瞬間、
かなりの枚数をかけてボールを奪い返しに行きます。

もちろん、
このレベルになると
どのチームも攻守の切り替えはものすごく速いです。


オランダの場合、
さらに、
【巧さ】があります。

それは、
相手のボールを
奪った瞬間。
もう少し具体的に言うと、
【ボールを奪いそうになった時】

密集していた陣形から瞬く間に選手がピッチ全体に広がって行きます。


とはいっても、
この試合…
ブラジルは本当に
強かったです。

攻守のバランス、
個々の能力の高さ。
非常に安定していました。

そんなブラジルを相手に2得点。

相手を崩した、
というよりも
【こじ開けた】
執念の得点でした。


今大会のブラジル代表。

歴代のブラジル代表のなかでも、
かなりハイレベルな
安定感のあった
チームだったと思います。

それでも勝てなかったのですから、
ワールドカップのレベルの高さにただただ驚くばかりです。


Yoshi

|

« 東海リーグVS芙蓉クラブ | トップページ | 全社予選VS刈谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海リーグVS芙蓉クラブ | トップページ | 全社予選VS刈谷 »