« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

チャンピオンズリーグファイナル。

ここ数年、チャンピオンズリーグといえば、

ベスト4に必ず顔を出していた

イングランドのプレミア勢でした。

しかし今回のファイナルは、

プレミア勢でもなければ、

バルサ、レアルといったスペイン勢でもありませんでした。

今回の対戦カードは、バイエルンVSインテル。

両クラブともに、

国内では結果を残せているものの

ここ数年はチャンピオンズリーグにおいて、

なかなか思うような結果が出せず、

苦しんでいました。

今シーズン、ここまでの両クラブの足跡をたどってみると、

両クラブともに、国内リーグ・国内のカップ戦を制しています。

したがって、

シーズン通して、あまり好不調の波がなく、

コンスタントによい状態で、

戦ってこれたということがわかります。

とくにインテルは今大会において、

バルサをはじめ次々と優勝候補を

撃破してファイナルに進出しました。

なにか神がかったような強さを感じたのは僕だけでしょうか。

さて試合のほうは、

インテルがバルサ戦のときのように、

相手に攻め込ませておいて、

一気にカウンターで得点を狙う戦い方が功を奏し、

貴重な先制点を奪いました。

この展開になると、

今のインテルには十分なアドバンテージになり、

バイエルンにとってはとてつもなく重い1点になりました。

しかし底力のあるバイエルン。

反撃を試みたものの、

後半早々におとずれた決定機を

逃したことが最後まで響きました。

今回、個人的に残念だったのは、

リベリー(バイエルン)がみられなかったことです。

バイエルンにとっても、

彼がいればなにかもう一工夫、

攻撃にアクセントをつけられたのではないかと思います。

また、ワールドカップを前に、みなさんも

エトー(カメルーン)、

ロッペン、スナイデル(オランダ)の

状態・プレーなどが気になったと思います。

はっきりいって、絶好調です!

現時点で、この世界のトップレベルの選手に対し

どこまで日本の選手が戦えるのか、

とても楽しみです!

Yoshi

| | コメント (0)

貴重な勝ち点3。

予想通り、厳しい試合になりました。

前半の早い時間帯にPKを確実に決めて、

先制はしたものの、

その後、なかなかシュートまでもって行くことができない

苦しい状況が続きました。

思い出されるのが

鈴鹿ランポーレとの開幕戦です。

ちょうど同じように先取点を取っておきながら、

後半、同点にされてしまいました。

しかし今日はそのときの教訓を生かし、

きっちりと守りきることができました。

今節の勝ち点3は、

チームの成長を確認できた

とても貴重な勝利でした。

最後に、

スタジアムまで足を運んで

応援してくれたみなさん、

ありがとうございました。

Yoshi

| | コメント (1)

藤枝ダービー。

明日、22日(土)、

藤枝総合Gにて13:00より、

藤枝ダービー(藤枝MYFC VS 藤枝市役所)が、

行われます。

東海1部リーグ、初の藤枝ダービー。

互いにここまで負けなし。

両者にとってかなり重要な試合になります。

白熱した試合になると思いますので、

ぜひスタジアムに足を運んで応援してください。

さて、先日、藤枝MYFCに新たに3名の選手が加わりました。

そのなかには、エスパルス時代ともにプレーした、

平松選手もいます。

才能豊かな選手たちが、

次々と入団しています。

その一人ひとりの力を結集して、

明日の試合もよい結果を

全員で勝ち取りたいと思います。

Yoshi

| | コメント (0)

東海1部リーグ。

今日の試合は4-0の快勝でした。

今節は、キックオフが12時ということもあり、

昨日から現地に入り前泊しました。

試合前日から、チーム全体の雰囲気もよく、

試合でも、チームが一丸となって

苦しい時間帯も全員で乗り切ることがました。

また、熱心なサポーターやファンの方

そしてオーナーの方々の応援が

とても心強く感じました。

次節は藤枝での試合です。

結果はもちろんのこと、

今節同様、皆さんに喜んでもらえるような

試合をしたいと思います。

Yoshi

| | コメント (0)

東海1部リーグ。

東海1部リーグ、ホーム開幕戦。

藤枝MYFC 3 VS 0 マルヤス。

先週行われた初戦はアウェーで苦しみながらも、

なんとか勝ち点1を確保、といった試合内容でした。

しかし今日は前節よりも

若干、肩の力が抜けて、

前半に2得点を奪うことができました。

ただし、

決して楽な試合ではありませんでした。

おそらくこの先も、

厳しい試合が続くでしょう。

そのなかで、

どうやって勝ち点3をとっていくか。

毎試合チャレンジです!

Yoshi

追伸:

友人の高畑さん(メンタルトレーナー)が、

とてもユニークなサイトを

立ち上げました。

 スポーツ魂テンツ

僕も参加しているので見て下さい。

| | コメント (2)

清水VS新潟

トップで戦い続けるって、難しいですね。

多少、メンバーの入れ替えはあったものの、

清水はいつもと変わらず、

試合への入り方は良かったと思います。

この1戦、

清水にとっては、

いつもと変わらずリーグ戦のなかの重要なひと試合です。

対する、新潟にとっては、

現在トップを走るクラブと対戦するわけですから、

「ただのひと試合」ではなくなるわけです。

必然的に選手のモチベーションも上がります。

ということは、

清水がこの先も勝ち続けるためには、

これまで以上に、

なにか、

プラスアルファーを

出し続けなければいけないということです。

上位にい続けるためには、

こういった、

目に見えないプレッシャーを

克服していかなければなりません。

大事なことは、

連敗をしないことです。

ここからの巻き返しに、

期待しましょう。

Yoshi

| | コメント (0)

開幕戦。VS鈴鹿ランポーレ

東海1部リーグ初挑戦の藤枝MYFC。

初戦は1-1の引き分けでした。

予想通り、かなり難しい試合になりました。

今年は、プレシーズンでJクラブをはじめ、

格上のチームと数試合おこないました。

ただ「公式戦」としては、

鈴鹿ランポーレ戦が、初戦でした。

実力差を考えれば、

これまでプレシーズンで戦ってきた相手のほうが上です。

難しい試合になる原因は何でしょう?

我々、藤枝MYFCの今年の目標は、

JFL昇格です。

ということは毎試合、「必勝」です。

精神面からいうと、

「勝たなければいけない」

という気持ち、精神状態というのは、

この先、プロになりJリーガーになっても

変わりません。

しかしこれが、

「絶対に落とせない」

つまり、「負けられない」となると、

状態はまったく変わってきます。

恐怖心、不安感、など

さまざまなネガティブな感情がわいてきます。

サッカーでは、

安全にプレーする場面と

少しリスクを犯してプレーする場面があります。

もちろん状況にもよりますが、

精神状態があまりにもネガティブな場合、

往々にして、

「より安全に」を選択します。

これは決して悪いことではありません。

ただ、より安全にと思っていた

プレイの選択が、

結果的に、ハイリスクになるケースもあるということです。

サッカーは、精神面(感情)が

かなり大きなウエイトを占めるスポーツです。

試合に勝つためには、

心・技・体、どの要素も欠けてはいけないということです。

Yoshi

| | コメント (0)

明日、開幕戦。

明日、開幕戦。
明日、待ちに待った藤枝MYFCの開幕戦です。

初戦はアウェイで鈴鹿ランポーレと戦います。

ゴールデンウィーク中の試合ということでクラブの配慮で前泊させてもらいました。


今日の移動も渋滞を覚悟しましたが幸運にも渋滞なく宿泊ホテルに到着することができました。
(写真は刈谷PA)


明日はどんな試合になるのか楽しみです!

Yoshi

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »