« 日本VS中国 | トップページ | ドリームサッカーIN藤枝 »

日本VS韓国

この試合、「今後の課題が浮き彫りになった」

と考えたら、収穫のあった試合だったのではないでしょうか。

ワールドカップ本番ではなく、

「今」、でよかったと思います。

守備に関しては、中国戦と同様に、

個々が1対1でしっかりと勝負できていました。

課題はやはり、攻撃でしょう。

中盤では技術の高い選手がそろっており、

落ち着いてポゼッションができています。

問題は、そこからいつ、どうやってシュートまで持っていくのか、

ということです。

今日の試合では、なんとかペナルティーエリア内にボールは運べるものの、

いちばん大事なシュート。

いわゆるフィニッシュにつながるパスがことごとく相手にカットされていました。

ワールドカップでは、ひと試合にペナルティーエリアあるいはゴールエリア付近まで、

ボールを運ばせてくれる場面は、

おそらく数回あるかないかです。

「最後の仕上げ」のプレーが勝敗を左右します。

修正する時間はまだあります。

良い点は残しつつ、これらの課題を克服できれば、

またひとつレベルアップした日本代表が見られるのではないでしょうか。

Yoshi

|

« 日本VS中国 | トップページ | ドリームサッカーIN藤枝 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本VS中国 | トップページ | ドリームサッカーIN藤枝 »