« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ドリームサッカーIN藤枝

今日は、藤枝ドリームスのメンバーとして日本代表OBと試合をしました。

結果は両者譲らず、1-1のドローでした。

内容も結果に現れているとおり、

お互いのよさが出た好ゲームでした。

しかし要所要所では、

「さすが元日本代表!」

と、うならせるレベルの高いプレーを随所にみることができました。

僕自身、Jリーグ草創期からプレーしているということもあり、

相手選手全員と、かつて、一度はJリーグで戦いました。

そんなサッカー仲間と、

またこうして再会できたことをとてもうれしく思いました。

Yoshi

| | コメント (0)

日本VS韓国

この試合、「今後の課題が浮き彫りになった」

と考えたら、収穫のあった試合だったのではないでしょうか。

ワールドカップ本番ではなく、

「今」、でよかったと思います。

守備に関しては、中国戦と同様に、

個々が1対1でしっかりと勝負できていました。

課題はやはり、攻撃でしょう。

中盤では技術の高い選手がそろっており、

落ち着いてポゼッションができています。

問題は、そこからいつ、どうやってシュートまで持っていくのか、

ということです。

今日の試合では、なんとかペナルティーエリア内にボールは運べるものの、

いちばん大事なシュート。

いわゆるフィニッシュにつながるパスがことごとく相手にカットされていました。

ワールドカップでは、ひと試合にペナルティーエリアあるいはゴールエリア付近まで、

ボールを運ばせてくれる場面は、

おそらく数回あるかないかです。

「最後の仕上げ」のプレーが勝敗を左右します。

修正する時間はまだあります。

良い点は残しつつ、これらの課題を克服できれば、

またひとつレベルアップした日本代表が見られるのではないでしょうか。

Yoshi

| | コメント (0)

日本VS中国

この大会はワールドカップ前哨戦として、

今後の代表を占う意味でもかなり重要な大会です。

結果はスコアレスドロー。

とはいっても、PKを相手に与えるといった場面もあり

負けてもおかしくない試合でした。

まずは相手である中国ですが、

日本の選手よりも明らかに大きくスピードもありました。

フィジカル面だけをみると、

ワールドカップの相手をイメージするにはうってつけの相手でした。

ただ、中国が日本のゴール前で、

「最後の崩し」が雑だったので助かりました。

それ以外は、中盤を構成する力など、

強さも含めて中国のレベルの高さに驚きました。

それに対し、日本はネガティブな表現かもしれませんが、

チャンスは十分つくれたと思います。

決定力不足。

といえばそれまでですが・・・

気になったのは、

ワールドカップ本番でも、

チャンスはかなり少ないでしょう。

そのとき大事なことは、

1本のシュートチャンスに、どれだけの人数をかけられるか。

ということです。

たとえば、シュートを打ったボールが、

ゴールポストに当たった・・・

ゴールキーパーがボールをはじいた・・・

この試合でもそのような場面がありました。

テレビで見る限り、いつも必ず予測して反応していたのは、

岡崎選手だけだったように見えました。

「決定力」というのは、

一発でクリーンシュートを決めることだけではありません。

次の試合では、日本の「泥臭いゴール」を期待しています。

Yoshi

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »