« なかなか勝てないJリーグ | トップページ | 「運試し」 »

「原因と結果」

昨日の試合では、悪天候にもかかわらず4000人以上のサポーターが観戦に来てくれました。

その試合で0-6という大敗。

前節、広島戦で7失点したばかりなのに・・・・

サッカーの試合で失点をするときの原因は確実にあります。

たとえば広島戦であったようなオウンゴール。

失点した場面だけを切り取って「もったいなかった」と、思っているだけではなにも進歩はありません。

もちろん不意にコースが変わってしまって当たってしまった、というときもあります。

でも、そのひとつ前のプレーを巻き戻してみると、相手選手にフリーでシュートを打たれていたり、体を寄せきれずにクロスを上げられていたりということがよくあります。

つまり原因が必ずある。ということです。

話は変わりますが、先日、FC岐阜セカンドの応援に行ってきました。

残念ながら阪南大学に0-1で負けてしまいました。

阪南大学の選手のなかにはすでにプロへいくことが決まっている選手が何人かいたようです。

この試合もそうですが他の天皇杯の試合結果も見てみると、高校生、大学生、あるいはJFLと、カテゴリーの違うチーム同士が対戦してもそんなに得点差は開きません・・・

あきらかに上のレベルのチームと戦うときに勝機を見い出すとすれば、

少なくとも相手に「このチームやり辛いな」と思わせる「なにか」がなければ勝つことは難しいと思います。

Yoshi

|

« なかなか勝てないJリーグ | トップページ | 「運試し」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなか勝てないJリーグ | トップページ | 「運試し」 »