« FC岐阜vs横浜 | トップページ | 応援 »

アントラーズvsガンバ

結果はスコアレスドローでしたが、見ごたえのある試合でしたね。

お互いが、相手の攻撃力を警戒してリスクをおかして攻撃を仕掛けるという場面がほとんどありませんでした。

時々、アントラーズが前から早いプレッシャーを仕掛けていくものの、ガンバは早いパス回しで難なく切り抜けていました。

ただし最後のシュートシーンでは、アントラーズの赤い壁が立ちふさがり、シュートさえも打たせてもらえない状況でした。

この試合でとくに感じたことは、お互いによくサッカーを知っているな。ということです。

90分間の試合のなかで、今は自分たちにとって、あるいは相手にとってどういった時間帯なのか。チーム全員がほぼ同じような考えのもと、プレーしているように感じました。

その中心的な存在が小笠原(アントラーズ)と遠藤(ガンバ)の両選手です。

小笠原はラスト15分くらいから明らかに高い位置にポジションをとり始めました。

それに対して、遠藤は勝負に出る、というより前がかりになった小笠原を警戒するかたちになりました。

この両者の違いは、ホームで戦ってるのかそれともアウェーで戦っているのかという違いもあったのではないかと思います。

つまりガンバはアウェーでアントラーズに引き分けても悪い結果ではない。ということです。

このように、ある試合をいろんな角度から見てみると面白いですね。

Yoshi

|

« FC岐阜vs横浜 | トップページ | 応援 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FC岐阜vs横浜 | トップページ | 応援 »