« いよいよ開幕! | トップページ | J2開幕戦vs甲府 »

J1リーグ・名古屋vs京都

試合の入り方としては、京都のほうが勢いを感じました。

京都はキックオフから積極的に前からディフェンスをして、ボールを奪ったら相手のディフェンスラインの裏をねらう。

これを徹底して繰り返していました。

そのうちのひとつがペナルティキックをもらった場面です。

失点してやっと名古屋のエンジンがかかってきました。

今シーズンストイコビッチ新監督が掲げる「美しいサッカー」が徐々にかたちを見せ始めました。

早いパス回しから、サイドにボールを散らしてクロスからシュートというかたちであったり、

真ん中にくさびのパスを入れて、2人3人とかかわりながらシュートまでもっていくかたちも見られました。

それに対し京都は、しっかり守ってカウンターというかたちがはっきりと見えました。

そのなかで決定的なチャンスもつくれていました。

両チームともに、最後のプレーの精度(ラストパス、クロス、シュート)を高めていくともっと得点が増えるのではないでしょうか。

Yoshi

|

« いよいよ開幕! | トップページ | J2開幕戦vs甲府 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ開幕! | トップページ | J2開幕戦vs甲府 »