« 「夢」対談してきました! | トップページ | うすずみ温泉 »

FC岐阜vs佐川印刷

非常に悔しい1敗です。

2人の退場者をだして数的に不利だったものの、最後の5分間の2失点が悔やまれます。

でも、それまでの展開からするとなるべくしてなった結果です。

圧倒的にボールを支配した試合展開でもなく、なんとなく後手をふんでいました。

そうした少しずつのズレが、2人の退場というかたちに現れたということです。

ここからが大事なところです。

次の試合は、5月6日です。

今は、自分たちがもう一度なにができるのか、しっかりと確認する作業が必要です。

負けた敗因を探しても良い方向にはいきません。

長丁場のリーグ戦のなかで、今日の試合は「苦い薬」と思えば次につながります。

ポジティブに考えると、この負けがシーズンの終盤だったら苦い薬ではなく「劇薬」になり、致命的になるかもしれません。

優勝をするために、もっとも大切なことは一人ひとりの気持ちの切りかえです。

それさえできれば、また一回り大きく成長できるのではないかと思います。

Yoshi

|

« 「夢」対談してきました! | トップページ | うすずみ温泉 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いままでの結果がよかっただけに、今日は本当に悔しい敗戦でした。
でも岐阜はチームもサポーターもJFLで18番目なんですから、毎試合が振り返りと修正の場なんですよね。
オレ達まだまだインディーズ~♪ っていうコール、最近やらないですけど、つづけたいですよね。

投稿: hys | 2007.05.03 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夢」対談してきました! | トップページ | うすずみ温泉 »