« 足あと | トップページ | どちらか迷ったとき »

感情のコントロール

自分の感情をどうやってコントロールするか?

これはとても難しいことです。

ほんの些細なことで、怒ってみたり、なんでもないことで笑えたり。

でも考えてみるとあるひとつの出来事は、おもしろいことでもなく、腹立たしいことでもないのかも知れません。

ただひとつの出来事なのです。

なぜそうなるのか?

その出来事に対しての「見かた」つまりとらえ方がちがうからです。

「虫の居所が悪い」ときには、ふだんなら気にならないことなのに『怒りのスイッチ』がオンになっているため、なにに対してもネガティブにとらえてしまいます。

問題は、この『怒りのスイッチ』がオンになっているときに良い仕事ができるのか?ということです。

冷静な判断はできるでしょうか?

気持ちの切り替えはできるでしょうか?

だいじなことは、自分の感情がニュートラルになっているか。ということです。

どちらかに片寄ってしまうと、チャンスのポイントが見えなくなってきます。

ニュートラルにもっていくためには、他人がどうこうではなく、自分は今どんな状態なのか、

を知ることです。

Yoshi

|

« 足あと | トップページ | どちらか迷ったとき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コミュニケーションには、言葉のキャッチボールが大切ですが、心がこもっていないと伝わりませんし、感情的になるとドッチボールになってしまうので気を付けないといけませんね。

投稿: Nori | 2006.12.05 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足あと | トップページ | どちらか迷ったとき »