« はじめの一歩 | トップページ | 情熱という引力 »

自分軸

評価の基準とは、何でしょう?

同じ物事に対して、Aさんは良い評価をしてくれたのにBさんは悪い評価だった。

こんなことがあなたのまわり、いやっ、あなた自身に起きていませんか?

学校でのテストのようにいつも点数が出るとは限りません。

むしろ点数の出ない評価のほうが多いのかもしれません。

私はサッカーというスポーツを通じて評価とは?

ということをいつも自分に問いかけてきました。

サッカーのチーム編成(レギュラー)を決めるのは監督です。

これまで日本人だけでなく外国人など10人以上のプロの監督といっしょに仕事をしてきました。

プロの世界では、監督が変わればまったく別のチームに生まれ変わります。

選手の起用方法・戦術など。

昨日までレギュラーで活躍していた選手が、監督が急に変わって明日からはポジションを失うということがありえるということです。

こうなった選手の残された道は、なぜ?と思ってあきらめてしまうのか。

それとも自分の実力が落ちたわけではない。と冷静になりさらに努力できるか?

ここでその後の人生が大きく変わってきます。

大事なことは、評価の基準をどこに持っていくのか?ということです。

いちばん厳しい評価・冷静な判断をできるのは自分自身です。

自分の中にある自分軸を育てていきましょう!

Yoshi

|

« はじめの一歩 | トップページ | 情熱という引力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめの一歩 | トップページ | 情熱という引力 »