« トレーニングマッチ | トップページ | サッカーは難しい? »

夢の途中

あなたはどんな夢を持っているでしょうか?

プロサッカー選手、パイロット、歌手、医者・・・・・

何かになりたい。何かの職業につきたい。

そんな「夢」を持っている人は多いのではないでしょうか?

私もそんなひとりでした。

そして、「プロサッカー選手になる」という夢をかなえた・・・・・

ただ、プロサッカー選手になってから周りのいろんな選手を見てきました。

毎年チーム内の選手の約3分の1が解雇や移籍により入れ替わる厳しい世界です。

そんな中、サッカーに対する「情熱」が個人によって温度差があるなー、と感じていました。

そこで、自分の夢を細かく、そして深く分析しました。

新たな発見がありました!

「プロサッカー選手になりたい」という夢を持っていたプロサッカー選手は、ある意味「夢を実現してしまったのです」

ここまでは、サクセスストーリー。

その後、人生で大きく分かれていきます。

ケース1、プロサッカー選手になれたことで満足。

ケース2、サッカーが大好き、という延長がプロサッカー選手。

ケース3、自分の得意なことで人を楽しませることがすき。

ケース1、この場合、よほどのことがないかぎりプロサッカー選手を長く続けることは難しいと思います。

ケース2・3は、本人の努力プラス運があればプロとして長く選手を続けられる可能性はあると思います。

私の場合は、ケース2・3でした。

そこで、あなたは「人を楽しませる」「感動させる」というのは、何人ぐらいを対象に考えますか?

私は、いつも1人いればいいと思っています。サッカーを見に来てくれた人が1人、「今日は見にきてよかったなー」と思ってくれればうれしいです!

といっても私の場合、家族3人(妻・娘2人)が、いつも喜んでくれるのでそれで満足です。

そんな私は、まだまだ「夢の途中」です。

Yoshi

|

« トレーニングマッチ | トップページ | サッカーは難しい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Yoshiさんが高校サッカーで活躍されていた頃からのファンです。

大切な一人のためにプレイするって素敵ですね。
感動しました。

これからもYoshiさんらしいメッセージを届けてくださいね。楽しみにしております。

投稿: 高校サッカーからのファンです | 2006.09.30 02:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレーニングマッチ | トップページ | サッカーは難しい? »