« 「トレーニングマッチ」 | トップページ | 「王者ブラジル敗れる」 »

「ドイツの粘り」

ドイツ対アルゼンチン。

この試合、互いに打ち合うというよりは、どちらが最後まで我慢できるかという戦いであった。

ゴール前をしっかりと固めて、「ペナルティーエリアの中には絶対に入れさせない。」という両チームの気持ちが前面に出ていた。

試合が動き出したのは、アルゼンチンの先制後。

これまでのアルゼンチンだと相手の息の根を止めるかのように、追加点を狙っていった。

しかしこの試合、エースのリケルメを交代させた時点で完全に「守備モード」に入ってしまった。

これまでは、「攻撃が最大の防御」という戦いをして「気持ちが前へ」いっていたアルゼンチン。

だが、戦い方の変更により、「気持ちが後ろむき」になってしまったことが痛かった。

そうせざるを得ない状況にさせた、ドイツの粘りもすばらしい!

Yoshi

|

« 「トレーニングマッチ」 | トップページ | 「王者ブラジル敗れる」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドイツの粘り」:

« 「トレーニングマッチ」 | トップページ | 「王者ブラジル敗れる」 »