« 「エクアドルvsコスタリカ」 | トップページ | 「個性の融合」 »

「アルゼンチン強し」

今のアルゼンチンは、どこからでも得点できるという強みをもっている。

その多くの得点を生みだす原動力は、運動量の多さにある。

トップのクレスポが相手のディフェンスラインぎりぎりに位置し、

攻撃の深さをつくりだしている。

そして注目したのは攻撃時、サイドバックをふくめたクレスポ以外の選手の動きである。

めまぐるしくポジションチェンジをおこなうため、相手のマークがどうしても

少しずつずれてくる。

得点チャンスだと思えば、ボランチの位置からでも一気にゴール前まで押し上げてくる。

セルビア・モンテネグロ戦での得点シーンは象徴的であった。

また、後ろから押し上げてくる選手のタイミングが絶妙である。

ちょうどラグビーのパス交換のように、早すぎず、遅すぎずというタイミングで

後ろから飛びだしてくる。

この「絶妙なタイミング」というのは、選手全員が試合の流れのなかで、

つねに、3つ先4つ先のプレーを予測しているからこそ可能になるプレーである。

セルビア・モンテネグロ戦で特に印象に残ったことは、

アルゼンチンの「得点に対する貪欲さ」である。

Yoshi

|

« 「エクアドルvsコスタリカ」 | トップページ | 「個性の融合」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アルゼンチン強し」:

« 「エクアドルvsコスタリカ」 | トップページ | 「個性の融合」 »