トップページ | 「韓国代表vsトーゴ代表」 »

ジーコジャパン登場

待ちに待ったジーコジャパンの登場。

予選リーグでは、3試合という短期決戦のためなんとしてもこの初戦、

オーストラリアには勝っておきたいところだ。

キックオフからしばらくは予想通りトップのビドゥカを基点にハイボールを放り込んできた。

これに対し日本のDF陣がしっかりと体を寄せ、上手く対応していた。

試合が始まってまもなく、あることに気がついた。

テレビの画面に映るオーストラリアのイレブンの数が少ない。

つまり、全体(DFラインからFWのラインまで)が間延びしているということだ。

これは何を意味するのか?

あきらかに日本のツートップのスピードを警戒し、DFラインがかなり深かった。

くさびに入ったボールに対しほとんどプレッシャーがないので、余裕を持って前を向くことができた。

しかしここが落とし穴だった。

ボールを持たせてもらえるので、パスを回すテンポが少しづつ遅くなり、

その間にオーストラリアDFが陣形を整える。結局ボールをポゼッションしているが、

フィニッシュまで持っていけないという状況が続いた。

おそらくヒディング監督は、日本vsドイツ戦をみて日本の武器である、

早いパス回しからのカウンターを警戒していたと思う。そこを見事に抑えられた。

残りあと2戦、厳しくなってきたのは確かである。

ここからが本当の底力のみせどころである。

Yoshi

|

トップページ | 「韓国代表vsトーゴ代表」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジーコジャパン登場:

トップページ | 「韓国代表vsトーゴ代表」 »